クレヨンで描くシリーズまとめ「白熊を描く」

アートカフェマスターの伊藤です。
週末は、アートカフェでマスターをしていますが
日頃は、山梨学院短期大学保育科で造形教育を教えています。

クレヨンを使っていろいろな表現を楽しんできましたが、
今回は、今までやってきたことをまとめてみて描いていきたいと思います。
(※今回の画像は、保育科の図画工作の授業で使用したものです。)

840A3825-B92D-459A-9E41-5EAC849DBF4A_1_201_a.jpeg

さて、皆さんは、白熊を白い画用紙で描くときに、どのように描いていきますか?
様々な描き方があるかと思います。


絵を描くときに、
この様に描かなくてはいけない
と言う決まりはありません。
表現には様々な方法があり、

その方法により様々な作品が現れます。
たしかに比較をしてしまいますが、
その比較の基準は、見る人が持つそれぞれの基準と言うことになります。
同じものを見つめて、共感することもあるかと思います。
しかし、共感すると言っても決して全てが同じと言うわけではありません。
描く時、作る時、
作品がどう見られるかと、
自分以外の価値観を意識しすぎてしまうと、
自分が目指すものが見えなくなります。
(※人生と同じですね!)

もっとも、自分が何を目指しているかと言うこと自体
なかなか定めることが難しいわけですが。

それを探っていくことが、
描くことのプロセスの中にあり、
そのことが描く醍醐味となります。

あまり難しいことを考えず、
散歩に行くようなつもりで、気楽にいろいろなものを見て行くのがいいですね。
今回の白熊を描く動画も、皆さんの絵画の散歩の参考になればと思います。

今回のYouTubeのURLはこちらです
https://youtu.be/LBskVxSaCl8

お楽しみください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント