子どもの村小学校アトリエ「夏休み前のギャラリー展示の様子」

夏休みに入る前日、4月から取り組んできた各クラスでの「プロジェクト」や、フリーチョイスでの活動を発表をする機会があります。チョイスのアトリエでは昨年からアトリエギャラリーとして、作品を2階の廊下に展示してきました。今回は子どもたちに展示をまかせることにしました。その様子をご覧ください。 アトリエ…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校7月6日アトリエ「スポンジで描こう」

久しぶりのブログ作成です。最近は、facebookを使用して活動を報告していましたが、7月からはブログにおいて造形活動及び日々の生活において感じたこと等、様々なことを発信していきます。 ブログ復帰第一弾は、タイトルにあるように7月6日のアトリエの活動からです。 山梨県立美術館での造形広場ではここ数年来取り上げている「スポンジで描こう…

続きを読むread more

平成23年度3月のつくろうあそぼう造形広場「箱で遊ぼう」

平成23年度最後の山梨県立美術館「つくろうあそぼう造形広場」が「箱で遊ぼう」をテーマにしておこなわれました。毎回、今回はこんな物を作ります(基本的には原理とか方法を見せるのですが)今回は、このようなものを作りますという参考作品を見せずに、自由に発想して作り始めてもらいました。今回も、子どもたちだけではなく保護者の皆さんにも自分の作品を制…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校後期最後のアトリエB

3月16日は、後期最後のアトリエBでした。十数名(お試しや体験のこ子どもも含め)の子どもたちが描いた作品は100点を超えます。持ち帰った作品もありますが、作品を展示したいと考えていましたので約80点がアトリエに保存してあります。但しこれは低学年のアトリエBだけですので、高学年のアトリエAの作品を展示すると大きな作品展となります。展示は2…

続きを読むread more

今年最後のアトリエ(低学年)F20号のキャンバスに挑戦!

年末になると、色々な場面で今年最後の・・・と言いますがアトリエ(低学年)も今年最後の時間となりました。最後と言っても来年へ続くあたらしいF20号のキャンバスに描き始めました。子ども達は教室に入ってくるなり「大きいね」といいながら、しかしさっさと絵の具の準備して思い思いに描き始めました。1月中は描き続きたいと考えています。では、描く様子を…

続きを読むread more

初冬の森を散策しました 

なかなか紅葉を眺めに行けなかった今年の秋でしたが、やっと出かけることが出来ました。 出かけたのは、いつもの清里キープ協会の自然歩道です。 今回は最短距離のウッドチップ道、約30分のコースです。 いつもと違いコースを逆に歩いてみました。 やまねミュージアムの横から森の中に入ります。空の青さがとてもまぶしく、透明感を感じまし…

続きを読むread more

イーゼルで描こう 子どもの村アトリエ

久しぶりのブログです。 南アルプス子どもの村小学校のアトリエも後期に入りました。 後期は描くことを中心の活動にしています。 1年生にとっては初めてイーゼルを立てての作品制作です。 「画家のように描こう」と話すと「え!ばか?」と返ってきましたが、 イーゼルを立て始めると何だかうれしそうでした。 今週は2回目の制作です。 …

続きを読むread more

久しぶりにの清里 キープ協会自然歩道「カラマツ林の小径」

久しぶりに清里、今回はキープ自然歩道「カラマツの小径」一周1時間のコースに出かけてきました。 キープ自然歩道は6つのコースがありますが、いつも歩いていたコース「富士山とせせらぎの小径」約1.3kよりも若干長い1.8k、スタート地点の八ヶ岳自然ふれあいセンターから約1時間のコースです。 連日の雷雨で足下が悪いところもありましたが、きら…

続きを読むread more

7月の子どもの村アトリエ「校庭の土で描こう」

暑い毎日が続いています。7月のアトリエでは、校庭の土と木工用ボンドを混ぜ合わせて絵の具を作り、90センチ×60センチくらいの画用紙に大きな絵を描きました。刷毛で土の絵の具で描いた一週間後には、今度は粉絵の具とボンドを混ぜて彩色です。三原色を混ぜながら描いてみましたが、途中から足に絵の具をつけ、その感触を楽しみながら描く数人の男の子が出て…

続きを読むread more

人類が創りだしたもっとも愚かで恐ろしいもの・・・放射性廃棄物・・・負の遺産

人類は様々なものを創りだしてきました。今我々はその最先端に生きています。創り出すエネルギーは「夢」でした。こんな力があれば、こんなことが出来ればと夢を求め生み出してきたのです。それにより、人は本来持ち得ない能力を得ることが出来ました。しかし不幸なことに、その多くは戦争に使用され、敵をより多く倒す目的であることで急激な進歩を遂げてきました…

続きを読むread more

つくろうあそぼう造形広場「動く絵をつくろう」

5月のつくろうあそぼう造形広場は、空き箱の厚紙を素材にして、割鋲やホッチキスを使用して、形の変わる絵「動く絵」を制作しました。 空き箱の厚紙を素材として使用します。いろいろな色や模様で飾られた箱は、造形素材として考えると無地の紙とは違うイマジネーションを生み出してくれます。また、厚さも工作用紙には最適です。 見本用に焦げ茶色の箱…

続きを読むread more

素敵なケーキ屋さんに行きました。愛知県豊明市

この連休中に愛知へ帰省してきました。山梨に自分の人生の半分以上住んでいますから、今では山梨が第2の故郷なのですが、ここ3年ほどは毎年春の連休には愛知に帰っています。5月3日は父親の86才の誕生日でしたので、ケーキを買いに豊明市のケーキ屋さんに行って来ました。 なかなか素敵なお店でしたので写真を撮らせていただきました。 …

続きを読むread more

青い鳥成人寮造形教室「新しい部屋で制作しました」4月27日

4月に青い鳥成人寮の新しい建物が竣工されました。それに伴い造形教室も新しい部屋で行われることになりました。今度の部屋では椅子に座っての制作活動です。それから部屋に水道がありますから快適そして便利になりました。 造形教室とは言っていますが、一人ひとりが思い思いに自由に楽しんでいます。 では、みなさんの描いた…

続きを読むread more

ジャガイモの葉が拡がりました。

3月に植え付けたジャガイモの葉が拡がっててきました。トマト、キュウリ、ナス、ピーマンの苗も植え付けました。収穫が楽しみです。 4月の下旬の我が家からの景観です。南アルプスにはまだまだ雪が沢山あります。御坂山系は若葉が茂り麓には桃の花が咲いていています。雪、花、若葉といろいろな表情を見ることが出来る山梨の春です。 …

続きを読むread more

ある日の姫の作品

日曜日の午前中、アトリエに入り込んで遊んでいる姫の様子を見に行くと面白いことをして遊んでいました。 姫にとってはアトリエは面白い物がいっぱいある楽しみの場所のようです。以前は、イーゼルの作品にクレヨンで加筆することがしばしばありましたが、最近は見向きもせずに自分の作品制作に取り組んでいます。

続きを読むread more

つくろうあそぼう造形広場「ステンシル遊び」

平成23年度の「つくろうあそぼう造形広場」が4月16日から始まりました。今回のテーマは「ステンシル遊び」でした。まず指で紙に色々な形の穴を空けます。次に穴をあけた紙を、画用紙や布の上にのせて、その上から「たんぽ」や「スポンジ」に絵の具をつけて叩くように着色していきます。今回使用する絵の具の色は赤黄青と白でした。 指先で紙をちぎる感触を…

続きを読むread more

桃の花見

花見の自粛、お祭りの自粛などが全国から聞こえていましたが、春が来た喜びを分かち、色々なことを語り合おうと4月10日に「桃の花見会」を開催しました。もっとも開催と言うほど大げさなものではありませんが都合の付く皆さんが集まり、桜、桃、スモモの花を眺めながらお茶を飲んだしだいです。 以上が4月上旬の我が家からの眺…

続きを読むread more

2011年1月つくろうあそぼう造形広場「凧作り」

今年初めの造形広場が8日に開催されました。 3連休の初日の土曜日の午後、100名近い親子が参加して「凧作り」をしました。 毎年、1月にはこの凧作りが恒例となっています。 このところ寒波の襲来で、強い北風が吹いていましたが、 この日に限っては、微風でした。 しかし、微風でも良く飛ぶと定評のあるタイプのビニール凧の製作です。 …

続きを読むread more