テーマ:造形教育

クレヨンで描くシリーズまとめ「白熊を描く」

アートカフェマスターの伊藤です。 週末は、アートカフェでマスターをしていますが 日頃は、山梨学院短期大学保育科で造形教育を教えています。 クレヨンを使っていろいろな表現を楽しんできましたが、 今回は、今までやってきたことをまとめてみて描いていきたいと思います。 (※今回の画像は、保育科の図画工作の授業で使用したものです。)…

続きを読むread more

「トイレットペーパーの芯でロケットを作る」

スペースシャトル以来9年ぶりのアメリカのロケット打ち上げが話題になっています。 スペースエックス社の「クルードラゴン」ですが、天候の関係で少し先に延期になりました。 今回は、家庭にあるもので簡単に飛ばすことのできるロケットを作りたいと思います。 材料は、ロケット本体にはトイレットペーパーの芯を使用します。 発射装置は新聞紙と輪ゴ…

続きを読むread more

クレヨンの硬い柔らかいの違いと、額に作品を入れるについて

アートカフェでクレヨンを使った技法を紹介してきましたが、いくつか質問がありましたので、それに応えていきたいと思います。まず質問の1つとして「クレヨンの硬い柔らかい」についてです。実際に画材屋に行ったり最近は100円ショップでも、いろいろなクレヨンに類するものが売られていますので、どれを購入したら良いのか迷うことも多いかと思います。それぞ…

続きを読むread more

パクパク人形の作り方

トイレットペーパーの芯で作るパクパク人形の作り方を説明します。保育現場ではいろいろなところで既に楽しまれているのではないかと思いますが、基本的な構造を理解すると、トイレットペーパーの芯以外でも作ることができます。この構造を応用して、人形ではない全く違うものも作ることができます。私が、この人形に出会ったのが40年ほど前です。現在は、児童文…

続きを読むread more

図画工作「新聞紙と関わる遊び」造形のエレメント(授業画像)

私の短期大学保育科における図画工作用の動画です。入学後初めての造形活動として、毎年行っている内容です。造形活動の要素を、新聞紙という素材に関わる活動を通じて、幼児期の造形活動の意味とそのプロセスで出会うものについての基本的な要素を理解することをねらいとしています。動画の最初と途中で、PowerPointで示す解説画像が入りますが、その箇…

続きを読むread more

アートカフェ@ラジオ 「15分お家アトリエ・クレヨンでステンシル遊び」+12分

FM八ヶ岳アートカフェ@ラジオの「15分でお家アトリエ」第3回は、クレヨンを使用したステンシル遊びを紹介します。用意する材料はチラシ(少し厚めで表面がコーティングしてあるものが向いてます)、クレヨン、画用紙、ティッシュペーパー等です。チラシを使ってステンシル(孔版)を作り、画用紙の上に置き穴の所に色をつけていく造形遊びです。簡単に版が作…

続きを読むread more

アートカフェ@ラジオ マスターのアトリエ

2019年4月から、FM八ヶ岳で始まりました「アートカフェ@ラジオ」のマスター伊藤です。このブログでは、番組で紹介させて頂いた作品の中でも、ネット上では検索しても見る事の出来ない作品を、作者の許可を得て紹介させて頂きます。また、master伊藤の作品や活動なども紹介させて頂きます。 6月のアートカフェ@ラジオは、先月の「民衆を導く…

続きを読むread more

「はっぱ展」ーセレクション作品とポストカードー  山梨・人ねっこアートワーク主催展覧会のお知らせ

「はっぱ展」ーセレクション作品とポストカードー と題しまして作品展を2013年11月3日から9日の期間に、甲府市三彩洞を会場にして開催します。今回は2012年2013年と2回開催しました山梨・人ねっこアート展に応募いただいた作品から48点をポストカードにしました。これを機会に、応募していただいた作品からのセレクトした作品とポストカードを…

続きを読むread more

2014山梨・人ねっこアート展の募集要項と応募票

3回目となります山梨・人ねっこアート展が、2014年1月25日(土)から31日(金)の期間に、山梨県立美術館を会場に開催されます。多くの皆さんの応募をお待ちしています。詳しくは、下記の募集要項をご覧ください。募集要項及び応募票はダウンロードして使用できます。その場合は、それぞれの画像をマウスで左クリックしてから、右クリックで「別名で画像…

続きを読むread more

ソーラーバルーン「サメが空を泳ぎました」1

まもなく子どもの日です。鯉のぼりが泳ぐ季節になりましたが、2月の末に専攻科保育専攻の学生が制作したソーラーバルーンのサメが空を泳ぎました。毎年、専攻科の学生に図画工作科研究の授業において、「科学と造形」をテーマにソーラーバルーン制作を課題にしています。今年の学生は「サメ」を制作。主な材料は、農業用のビニールシート、梱包用のクリアーテープ…

続きを読むread more

つくろうあそぼう造形広場「イーゼルを使用して絵を描こう」

10月のつくろうあそぼう造形広場は「イーゼルを使用して絵を描こう」をテーマにして13日におこなわれました。 昨年までは、木炭をつかって描いていましたが、今年は段ボールキャンバスとアクリル絵の具の三原色+白、筆の代わりにスポンジ、クレヨンを用意して描きました。 様子は以下のFacebookの画面をご覧ください。 http://www…

続きを読むread more

9月21日南アルプス子どもの村小学校アトリエの様子」

前期のアトリエも21日と28日の2回になりました。 一部の子どもたちは、今日からイギリスへ旅立ちましたから少し寂しい感じです。 今日と来週は。アトリエの原点に戻り「自分の好きなことをする」と言うことで活動します。 facebookでその様子をUPしましたのでこちらからご覧ください。 http://www.facebook.com…

続きを読むread more

山梨県立美術館 みなび展WS 「空のミキサー」

みなび展の最後のワークショップ「空のミキサー」が8月10日に実施されました。このワークショップは、山梨学院短期大学専攻科保育専攻の2年生が、保育研究「造形表現」の実践授業としての位置づけにもなっています。 造形に意味について理解するとき、特に保育者・教育者を目指す者として「子どもの造形活動の意味」を理解する為には、子どもが造形活動に取…

続きを読むread more

子どもの村小学校アトリエ「夏休み前のギャラリー展示の様子」

夏休みに入る前日、4月から取り組んできた各クラスでの「プロジェクト」や、フリーチョイスでの活動を発表をする機会があります。チョイスのアトリエでは昨年からアトリエギャラリーとして、作品を2階の廊下に展示してきました。今回は子どもたちに展示をまかせることにしました。その様子をご覧ください。 アトリエ…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校7月6日アトリエ「スポンジで描こう」

久しぶりのブログ作成です。最近は、facebookを使用して活動を報告していましたが、7月からはブログにおいて造形活動及び日々の生活において感じたこと等、様々なことを発信していきます。 ブログ復帰第一弾は、タイトルにあるように7月6日のアトリエの活動からです。 山梨県立美術館での造形広場ではここ数年来取り上げている「スポンジで描こう…

続きを読むread more

平成23年度3月のつくろうあそぼう造形広場「箱で遊ぼう」

平成23年度最後の山梨県立美術館「つくろうあそぼう造形広場」が「箱で遊ぼう」をテーマにしておこなわれました。毎回、今回はこんな物を作ります(基本的には原理とか方法を見せるのですが)今回は、このようなものを作りますという参考作品を見せずに、自由に発想して作り始めてもらいました。今回も、子どもたちだけではなく保護者の皆さんにも自分の作品を制…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校後期最後のアトリエB

3月16日は、後期最後のアトリエBでした。十数名(お試しや体験のこ子どもも含め)の子どもたちが描いた作品は100点を超えます。持ち帰った作品もありますが、作品を展示したいと考えていましたので約80点がアトリエに保存してあります。但しこれは低学年のアトリエBだけですので、高学年のアトリエAの作品を展示すると大きな作品展となります。展示は2…

続きを読むread more

今年最後のアトリエ(低学年)F20号のキャンバスに挑戦!

年末になると、色々な場面で今年最後の・・・と言いますがアトリエ(低学年)も今年最後の時間となりました。最後と言っても来年へ続くあたらしいF20号のキャンバスに描き始めました。子ども達は教室に入ってくるなり「大きいね」といいながら、しかしさっさと絵の具の準備して思い思いに描き始めました。1月中は描き続きたいと考えています。では、描く様子を…

続きを読むread more

イーゼルで描こう 子どもの村アトリエ

久しぶりのブログです。 南アルプス子どもの村小学校のアトリエも後期に入りました。 後期は描くことを中心の活動にしています。 1年生にとっては初めてイーゼルを立てての作品制作です。 「画家のように描こう」と話すと「え!ばか?」と返ってきましたが、 イーゼルを立て始めると何だかうれしそうでした。 今週は2回目の制作です。 …

続きを読むread more

7月の子どもの村アトリエ「校庭の土で描こう」

暑い毎日が続いています。7月のアトリエでは、校庭の土と木工用ボンドを混ぜ合わせて絵の具を作り、90センチ×60センチくらいの画用紙に大きな絵を描きました。刷毛で土の絵の具で描いた一週間後には、今度は粉絵の具とボンドを混ぜて彩色です。三原色を混ぜながら描いてみましたが、途中から足に絵の具をつけ、その感触を楽しみながら描く数人の男の子が出て…

続きを読むread more

つくろうあそぼう造形広場「動く絵をつくろう」

5月のつくろうあそぼう造形広場は、空き箱の厚紙を素材にして、割鋲やホッチキスを使用して、形の変わる絵「動く絵」を制作しました。 空き箱の厚紙を素材として使用します。いろいろな色や模様で飾られた箱は、造形素材として考えると無地の紙とは違うイマジネーションを生み出してくれます。また、厚さも工作用紙には最適です。 見本用に焦げ茶色の箱…

続きを読むread more

つくろうあそぼう造形広場「ステンシル遊び」

平成23年度の「つくろうあそぼう造形広場」が4月16日から始まりました。今回のテーマは「ステンシル遊び」でした。まず指で紙に色々な形の穴を空けます。次に穴をあけた紙を、画用紙や布の上にのせて、その上から「たんぽ」や「スポンジ」に絵の具をつけて叩くように着色していきます。今回使用する絵の具の色は赤黄青と白でした。 指先で紙をちぎる感触を…

続きを読むread more

2011年1月つくろうあそぼう造形広場「凧作り」

今年初めの造形広場が8日に開催されました。 3連休の初日の土曜日の午後、100名近い親子が参加して「凧作り」をしました。 毎年、1月にはこの凧作りが恒例となっています。 このところ寒波の襲来で、強い北風が吹いていましたが、 この日に限っては、微風でした。 しかし、微風でも良く飛ぶと定評のあるタイプのビニール凧の製作です。 …

続きを読むread more

2011年 年賀状

あけましておめでとうございます。 今年も最初の作品は「年賀状」となりました。 『私たちの未来が、一人ひとりが幸せで希望あるものになりますように』 今年も「造形は未来を創る」をテーマにして、いろいろな方と関わり、表現を通して考え行動していきたいと思います。

続きを読むread more

父と子の工作体験「お父さんとつくろう・ホーバークラフト」

山梨学院子育て支援センターアルティア恒例の「お父さんとつくろう」が11月27日に実施されました。 今年の工作は「ホーバークラフト」です。 主な材料はビニール袋、スチレンボード、モーター、電池そしてプロペラとなります。 走らせるおもちゃの製作は3回目となりますが、今回は初めてモーターを使用することにしました。 ゴム動力で走るプロペ…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校アトリエ「ローラーと墨汁で描く」

11月12日のアトリエは、アクリル絵の具をローラーを使用し、墨汁を刷毛で塗ることを組み合わせた表現に取り組みました。 90㎝×70㎝程度の画用紙に一人で描きます。 今まで使用したことのない「ボール型のローラー」を手にして興味津々。 アクリル絵の具をローラーで塗り広げ、時に叩き付けて色を塗ったりします。 アクリル絵…

続きを読むread more

子どもの村小学校アトリエ「ブローイング&ドロッピング」

11月5日のアトリエは2回目のお試し期間でした。 今回のテーマは「ブローイング&ドロッピング」です。 粉絵の具で色水を作ります。 色は「赤」「黄」「青」の三色を使用して、紙の上で混色や色の滲みを作りだします。 描く紙は、ロールの和紙の画用紙を4m程の長さにして全員で描きます。 ストローをスポイトにして色水を画用紙に落と…

続きを読むread more

「遊具広場」  屋外テーブルのメンテナンス  

私の研究室がある建物の前には「遊具広場」と名の付いた庭があります。 その名の通り遊具が設置してあるのかというと、それらしきものは一つもありません。 クヌギの木と木の遊歩道そしてテーブルが置いてある、記念堂と呼ばれる体育館南側の庭です。 では何故そのような名が付いたのか? 私の担当するゼミは通称「美術ゼミ」と呼ばれています。専門が…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校アトリエ  10.29

10月29日に南アルプス子どもの村小学校のフリーチョイスの時間におけるアトリエクラスが行われました。 この日は。後期2回目のお試しの日です。前回の参加は、5名の1年生でしたが、今回は8名でした。 前回参加した5名の内3名が引き続き参加、後の参加者は2年生3年生4年生から5名となりました。 今回のテーマは、「変身」。変身グッズを制作…

続きを読むread more

南アルプス子どもの村小学校 秋祭り準備 エコバッグのデザイン

2009年10月4日に我が家の姫が通っている「南アルプス子どもの村小学校 」が開校しました。 そして一年。 開校一周年を記念してエコバッグを製作することになり、図柄のデザインを担当することになりました。 正確には、先ず子どもたちの考えた図柄の選定を依頼されました。 子どもたちのアイデアを見ながら思ったことは、 子どもも先生たち…

続きを読むread more